背中 ニキビ

背中ニキビに効果のある薬とは?

 
背中ニキビに効果のある薬

 

目で見えない、手が届かない背中に
突然赤いブツブツができてびっくりすることはありませんか。
それが、たくさんの人が悩んでいる背中ニキビです。

 

 

 

そんな肌トラブルを無くすために
効果があるどんな薬があるの?
と思われることでしょう。

 

 

 

大きく分けて二つの薬があります。
お医者さんが処方してくれる薬と、
薬屋さんで買える市販薬です。

 

二つの薬

 

まず処方薬ですが、
抗真菌剤といわれるものがあります。

 

 

 

背中ニキビの原因は、ほとんどが、マラセチア真菌というカビの一種です。
この菌を無くしたり弱らせたりするのに有効なのがこの抗真菌剤です。

 

 

 

大体1カ月〜2か月の治療を継続する必要があります。
レチノイド製剤を使って治療をする場合もあります。

 

 

 

背中ニキビは、角質が固くなって、
角栓などで毛穴が詰まり、清潔ではなくなったところに、
マラセチア真菌が発生し炎症を起こします。

 

 

 

その固くなった角質を柔らかくして、
ニキビの発生環境を無くそうというのがレチノイド製剤です。
最近では世界でもよく使われているお薬です。

 

 

 

市販の薬は、軽い背中ニキビの場合に有効です。
小さなぽちっとした程度のものなら使ってみましょう。

 

 

 

市販のボディローションに、
グリチルリチン酸ジカリウムと呼ばれる成分を含んだものがお勧めです。

 

 

 

これは漢方の天草を利用したもので、
ニキビの炎症を鎮める効果があります。

 

 

 

また、サリチル酸を含んだ
ニキビケア製品も効果的ですよ。

 

 

 

この成分は、角質を柔らかくするので、
先のレチノイド製剤のように、
ニキビになりにくい肌環境を作り出そうとします。

 

 

 

色々な成分を含んだ薬がありますね。
症状の程度に合わせて、ぜひ選んでみてください。

 

 

 

ぜひ、背中ニキビを撃退して、
きれいなお肌を取り戻しましょう。

 

 

 

>>>背中ニキビに効くアイテムを口コミで探そう