背中 ニキビ

大人ニキビとマラセチア菌の関係

 
マラセチア菌

 

ニキビは顔だけにできるものではありません。
体の色々な場所にできます。

 

 

 

例えば、背中です。
自分からは見えにくいですが、他の人からはすぐ目につく場所ですし、
面積が広いので一度ニキビが発生してしまうと広範囲に広がってしまいます。

 

 

 

この背中ニキビの原因の一つが、
マラセチア菌と呼ばれるものです。

 

 

 

では、大人になっても悩まされる大人ニキビですが、
このマラセチア菌とどんな関係があるのでしょうか。

 

大人ニキビとマラセチア菌

 

ニキビを引き起こす菌として有名なのはアクネ菌です。
このアクネ菌と違い、マラセチア菌はあまりかゆみや痛みを発生させません。

 

 

 

そして、これは朗報ですが、マラセチア菌はカビの一種ですので、
自然には治らないのですが、
きちんと医療機関で治療をすれば治りやすいと言われています。

 

 

 

抗真菌外用薬を処方してもらうと
きちんときれいな肌に戻ることができます。

 

 

 

基本的に、このマラセチア菌は、
皮脂や湿気が多い場所が大好きです。

 

 

 

 

ですから、夏の時期だけではなく、スポーツを楽しんだ後や、
冬の寒さでついついシャワーを浴びるのがおっくうになってしまう時期などは
気をつけなければなりません。

 

 

 

汗や皮脂があると、
マラセチア菌は一気に増えて、
体が異物と認識する成分に変化してしまいます。

 

 

 

そして、体はその異物を除くために、
免疫反応を強め、肌が赤くなったり膿んだりして
炎症が発生してしまうのです。

 

 

 

このマラセチア菌はカビの一種ですから、
適切な治療を行っていけば、
一カ月から二カ月で治癒することができます。

 

 

 

もし炎症が見られるようであれば、
早めに対処したり、専門家に相談したりすることをお勧めします。

 

 

 

>>>大人ニキビとアクネ菌の関係について