背中 ニキビ

大人ニキビとアクネ菌の関係について

 
大人ニキビとアクネ菌の関係

 

大人になっても悩まされるニキビ、
特に背中ニキビの原因って何なのでしょう。

 

 

 

よく耳にする原因の一つは、アクネ菌です。
でも、このアクネ菌って何でしょう。
この菌を体から無くせば大人ニキビから解放されるのでしょうか。

 

 

 

では、まずアクネ菌について
知ることにしましょう。

 

 

 

そうすると大人ニキビという
つらい肌トラブルに対処する道が見えてきそうですね。

 

 

 

まず、アクネ菌というのは通称であって、
正式な名前はプロピオバクテリウム・アクネスという何とも長い名前です。
このアクネ菌は、常在菌と呼ばれる部類の細菌です。

 

 

 

常在菌とは、外部から侵入してくる病原菌ではなく、
普段から私たちの体に住みついている細菌のことです。

 

 

 

例えば、よく知られている常在菌と言えば、
腸の中にいるビフィズス菌や大腸菌などです。

 

 

 

常在菌は私たちの体を有害な病原菌から守り、
健康な状態を維持するのを助けてくれるありがたい菌たちです。

 

 

 

 

アクネ菌の役割は、
私たちの肌の質を弱酸性に維持して、
病原菌の繁殖を抑えるというものなのです。

 

 

 

ですから、大人ニキビ対策として
このアクネ菌を体から全部なくしてしまおう
という事は出来ないのです。

 

 

 

でも、どうしてこんないい働きをしてくれる菌が、
あのいやな大人ニキビを引き起こすことになるのでしょうか。

 

アクネ菌の正体

 

アクネ菌は、新鮮な空気が入らなかったり、皮脂が多かったりする場所
集合して住みつく習性を持っています。

 

 

 

そして、毛穴が角栓などで
ふさがれている不潔なところにも入り込みます。

 

 

 

例えば、私たちの背中です。
そして、そこにある皮脂を体に有害な物質に変化させ
炎症がおこりニキビになっていまいます。

 

 

 

ですから、アクネ菌が集合して住みにくい空気が出入りしやすい毛穴、
つまり角栓でふさがれていない清潔な毛穴を維持していれば、
大人ニキビをある程度防ぐことができるのです。

 

 

 

体の健康のためには必要ですが、
ニキビの原因にもなってしまうアクネ菌、
上手に付き合っていきたいですね。

 

 

 

>>>日常的にできる背中ニキビのケア方法