背中 ニキビ

背中ニキビが重症化している場合は皮膚科の受診も必要!

 
重症化している場合は…

 

背中ニキビは、顔のニキビと違い
どうしても重症化してしまいやすいものです。
なぜなら、顔のニキビは出来たらすぐに気がつきますよね。

 

 

 

しかし、背中の場合はなかなか気がつきにくいものですし、
気が付いた時にはもうかなり悪化しているという事があります。

 

 

 

さらに、背中という場所柄、
寝ている時や服を着ている時に、
こすれたり蒸れたりを繰り返し重症化してしまいます。

 

 

 

最初は小さな赤いぽちっとしたニキビですが、
徐々に、膿が出てきたり、痛くなってきたりします。

 

 

 

そのように重症化している場合は
皮膚科で受診する必要があるでしょう。

 

皮膚科で受診

 

皮膚科では、症状の程度に合わせて
様々治療を行ってくれます。

 

 

 

例えば、皮膚の表面に薬剤を塗り、
患部の古くなった角質や、毛穴に詰まっているニキビの原因である
角栓などを溶かすケミカルピーリングというケアがあります。

 

 

 

さらに、特殊な光を背中ニキビにあてて、アクネ菌を死滅させる、
フォトフェイシャルという施術もあります。

 

 

 

重症化している場合は、
菌の異常繁殖が原因ですので、
抗生剤を処方し、菌の死滅と炎症を抑えるようにすることもできます。

 

 

 

しかし、抗生剤だけでニキビを完治させるということはできません。
これが、皮膚科に行っても背中ニキビは治らないと時々言われる原因です。

 

 

 

背中ニキビは、菌対策だけではなくて、
皮脂の分泌を抑えたり、肌の代謝を促したりする治療も
同時に行っていく必要があるのです。

 

 

 

皮膚科であれば、
そのために今あげたような治療法を組み合わせて、
背中ニキビの根治を目指す事ができます。

 

 

 

皮膚科で専門家の先生にきちんと見てもらえば、
本格的な治療が必要なのか、
それとも自分の日常的なケアだけでまだ対処できるのかが良く分かるでしょう。

 

 

 

 

重症化してしまうと、
ひどい場合にはケロイドのような跡も残ってしまうので、
膿や痛みを感じた時には皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

>>>背中ニキビができにくい身体や髪の洗い方