背中 ニキビ

背中ニキビができにくい身体や髪の洗い方

 
背中ニキビができにくい身体や髪の洗い方

 

お風呂に入る時間は、
とてもホッとしますよね。

 

 

 

この入浴の時間は、
一日の疲れやストレスを洗い流すのに大切な時間であると同時に、
お肌のケアにもとても大切な時間なんです。

 

 

 

しかし、お風呂の入り方を少し間違えると、
背中ニキビを増やしてしまうことになってしまいます。

 

 

 

では、背中ニキビができにくい身体や髪の洗い方って
どんなものがあるのでしょうか。

 

具体的な方法

 

女性の場合は、髪が長かったりパーマがかかっていたりすると、
どうしてもシャンプーやトリートメントが落としきれないという事が起きます。

 

 

 

こういった薬液が髪に残っていると、
それが背中のお肌についてしまい、
毛穴を詰まらせたり汚れを引き寄せたりする原因になります。

 

 

 

そして、そこを中心としてニキビが発生してしまうのです。
しっかりと髪をゆすぐことは大切です。

 

 

 

体を洗う順番も気をつけたいポイントです。
最初に髪を洗うなら、シャンプーなどの薬剤が体についても、
後で洗い流せるでしょう。

 

 

髪が長い場合には、髪を背中側に垂らすのではなくて、
頭を下げて自分の前に垂らすようにして洗うと、
薬剤が背中に付着するのを防げるでしょう。

 

 

 

洗い終わった髪も、
クリップなどでまとめておくなら、
髪に残ったトリートメントが背中につかないようお肌を守れますね。

 

 

 

体を洗う時には、せっけんをしっかり泡立てて、
やわらかい泡を作るようにしてください。
泡は毛穴の中の汚れをかき出してくれます。

 

 

 

そして、背中をこすらずに優しく洗うようにしましょう。
もちろん、せっけんがお肌に残らないように、
たっぷりとお湯を使って流して下さいね。

 

 

 

毎日必ず楽しむバスタイム、
ほんの少しだけ気を使うだけで、
背中ニキビなどの肌トラブルを解消できるかもしれません。

 

 

 

皆さんもぜひ、バスタイムを使って
背中ケアをがんばってみてくださいね。

 

 

 

>>>衣類や洗濯洗剤、柔軟剤も背中ニキビの原因に?