背中 ニキビ

寝汗が背中ニキビ発生の原因になっている?

 寝汗が背中ニキビ発生の原因

 

背中は汗腺がとても多く、汗をかきやすい場所です。
汗をかくということは皮脂も多くなるということですね。
ということはニキビが発生しやすい場所なのです。

 

 

 

しかも、残念なことに目も手も届きにくい場所なので、
一回背中ニキビができてしまうと気が付きにくいですし、
症状が進んでしまい治りにくくなってしまいます。

 

 

 

しかも、寝るとき、
私たちは自然と仰向けになって寝ることが多くなります。

 

 

 

そして、人は寝ると体温が上がります。
当然、寝汗をかきます。

 

 

 

人は誰でも、寝ている間に
コップ一杯ほどの寝汗をかいているといわれているのです。

 

 

 

結果として、
湿って雑菌が多い状態になり
背中ニキビができてしまうのです。

 

 

 

では、どうやって
防いだらよいのでしょうか。

 

清潔を保つ

 

ニキビの原因となる雑菌が増えないようにするには
清潔を保つのが一番です。

 

 

 

それで、朝起きた時に、
シャワーを浴びたり、下着を変えたりすることが助けになるでしょう。

 

 

 

また、寝るときに背中の中に
肌触りの良い柔らかいタオルを一枚入れておくのが良いという人もいます。

 

 

 

さらに、パジャマを吸水性の良いものにすることもお勧めします。
吸水性が良いものというと、綿やシルクのものがよいでしょう。

 

 

 

さらに、シーツも汗を吸っています。
シーツを取り換えないままに何日もすぎると、
いろいろな細菌やダニが人間の皮脂や垢を餌にして繁殖していきます。

 

 

 

これも、
背中ニキビの原因となるのです。

 

 

 

背中ニキビはどうしても手が届きにくいので、
こまめに気にしながら、意識をして治していくことが大切です。

 

 

 

普段の生活の中で、
比較的簡単にケアすることができますので、
健康的できれいな背中を手に入れましょうね。

 

 

 

>>>背中ニキビ予防に効果的な食品とは?